Staff Voice&Schedule 【スタッフの声&スケジュール】

地元「新潟」で地域の皆様を

楽しませる「企画」を作る仕事に魅力を感じて

佐藤 里美 2009年入社 胎内市出身

札幌国際大学 社会学部卒

旅行企画・添乗 担当

 

生まれ育った地元「新潟」のお客様に喜んでいただけるよう、

歴史やグルメなどジャンルに特化したこだわりの企画を考えています。

また、企画だけではなく添乗員としてツアーに同行する事も。

最初は旅行の専門的な知識はありませんでしたが、自らのアイディアを形にしながら添乗員としてお客様をご案内し、お客様の声を直接聞いて、次回に活かすことができる仕事にとても魅力を感じています。

 オフタイムの過ごし方

休暇が取れたときこそ旅行へ!

普段から旅行の企画を行い、添乗員として旅行に同行することもありますが、添乗時にはお客様への気配りや旅行を円滑に進める為に先々の事を考え、緊張感が続きます。休みの日には、自分が楽しむ立場になって、時間を気にせず好みの観光地を巡り、個人でしか行くことができない人気の飲食店で地元グルメを堪能し、気分転換をしています。もちろん、観光地のコース作成やオリジナルの行程表作成など、身についた力を活かして旅行を計画しています!

 

 メッセージ&アドバイス

「何事も経験!努力と忍耐力が大切」

観光地や旅行の専門的な知識はありませんでしたが、入社してからは、一般業務である電話対応や店頭での接客など基本的なことはもちろん、添乗業務や観光地についても先輩社員が親身になって指導してくれました。入社一年目は覚えることで精一杯でしたが、様々な経験をすることで自分の成長に繋がっていると感じることもありました。どのような仕事も慣れるまでは辛い時があると思いますが、お客様から「成長したね」と言われ、周りからも認めてもらえるようになってきた時の嬉しさは一入です。「何事にも挑戦し、続ける努力を大切にする」というのが、微力ながら私のアドバイスです。

 

□ 仕事の特徴

・人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事

・自分のアイデア・企画が生かせる仕事

・リーダーシップを発揮できる仕事

・お客様の喜びを直に感じられる仕事

・人との出会いが多い仕事

 

 私は○○です。

・入社7~9年目

・地元で就職しました

・マイカー通勤

 佐藤 里美の1日のスケジュール

結婚を機に12月より埼玉県の新居から在宅テレワークで企画の仕事を続けます。

月1日の出勤日が楽しみです。(表は結婚前のスケジュール)

 8:30 

 出 社

グループウエアやメールをチェックして、1日の作業や

スケジュールを組み立てます。


 10:00

 企画ミーティング

花火ツアーやお祭りツアーなど、夏の特別企画について

マネジャーや企画担当者全員でミーティング。


 13:00

 お楽しみの“ランチ”

お客様から電話も入るので交代で昼食。

今日はお弁当ですが、同僚とカフェにランチに行く事も。


 14:00

 新コースの作成

企画会議で方針が決まった「夏の特別ツアー」。

バス担当者と行程時間の検証や昼食場所について調べます。


 16:00

 仕入交渉&

 お客様の対応

ルート上のホテルや話題のレストランと仕入れの打合せ。

粘りの交渉で特別メニューをゲット★


 17:30

 退 社

~忙しい日は残業もアリ~


お客様からの「ありがとう」、「楽しかった」の

言葉が何よりの活力

五十嵐 美紀 2008年入社 阿賀野市出身

国際情報大学 情報文化学部卒

旅行運営・添乗 担当

 

旅行好きを活かして活躍したいと思い、入社しました。添乗員としては自分の好きなツアーに行ける反面、知らない場所でもお客様をスムーズに案内しなければなりません。その分、大変ではありますが自分の知らない世界を知る事により自分の視野が広がり「自分磨き」の出来る仕事でもあります。ツアーの最後にお客様から「ありがとう」、「楽しかった」と言葉を頂けることは自分への励みになります。

□ 私のモットー

自分の持ち味(根性)で乗り切りました

私は学生時代、2時間程度の時間をかけて通学していたことから、入社前には「根性がある」と社長に言われていました。しかし入社したての頃は仕事に慣れず、人間関係もうまくいかなくて落ち込むこともありました。それでも周りの方からサポートして頂き、1つ1つ乗り越えることができました。要領が悪いので覚えた事を実践するまでには時間がかかりましたが、少しずつ慣れてくるとツアー中にお客様とも楽しく会話ができるようになりました。お客様と出会い、喜んで頂ける事は、ツアーの仕事において何より大きな喜びです。くじけそうになった時期もあったけれど、投げ出さずに頑張ってきて良かったなと思っています。

 

□ 当社のいいところ

「社員同士のコミュニケーションが円滑」

バスツアーはトラブルがない事が一番です。しかし今まで天候・ケガ・事故などやむを得ずトラブルが生じた際には、社員のサポートがあったおかげで乗り越えてこられました。例えば、新潟の冬では雪の影響でスリップ事故などが多いです。当社でツアーに行った日に高速道路で事故があったため、食事場所・見学時間までに間に合わない事がありました。そんな時に現地にツアーの状況や到着予定時刻などの連絡や、お客様への心づかいをどのようにしたらいいかなどを、周囲の社員が教えてくれました。社員同士の連携がとれているため、お客様に適切な案内ができています。

 

□ 仕事の特徴

・人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事

・周りの人をサポートする仕事

・お客様の喜びを直に感じられる仕事

・人との出会いが多い仕事

 

 私は○○です。

・一般職

・入社7~9年目

・地元で就職しました

・共働きです

・マイカー通勤

 五十嵐 美紀の1週間のスケジュール

午前は営業や団体のお客様の手配旅行の企画、午後はバス関連の業務を行っています。

ツアー前日には乗務員との打ち合わせをします。

 月曜日

 休 日

部屋の模様替えのため夫婦で家具屋さんへ買い物

イメージにぴったりの棚をGET☆


 火曜日

 休 日

さっそく昨日買った棚を設置

部屋もすっきりして良い気分転換になりました


 水曜日

 内 勤

お客様のツアー電話受付や

企画担当者の仕入の補助


 木曜日

 内 勤

ツアーの添乗指示書を作成したり

車内配布物のセッティング


 金曜日

 内 

明日のツアー準備で食事場所や

ホテルに最終確認を実施


 土曜日

 添 乗

青森のツアー添乗で十和田湖を見学の後、

星野リゾート奥入瀬渓流ホテルで宿泊。お客様と同じ豪華夕食を戴きました!


 日曜日

 添 乗

ホテルの豪華朝食でテンション↑。昼食は青森の厳選素材を使用した

本格フレンチでお客様からも大絶賛!添乗員冥利に尽きます\(^^)/


インターシップを経て入社

忍耐力、責任感こそ、仕事の活力!

坂上 映太  2009年入社 北海道小樽市生まれ・神奈川県横浜育ち

早稲田大学 大学院理工学研究科卒

サブマネージャー 登山ツアー企画・添乗業務 担当

私はIT業界で就職しましたが、大好きな登山がやりたくて一念発起して

「アウトドア専門学校」に社会人入学しました。

そこで「ハミングツアー」のインターンシップを通じ、登山添乗や企画に興味が湧き、社員の山に対する真摯な姿勢や、一丸となって登山ツアーを運営するとても良い雰囲気もあり、入社を決意しました。

登山添乗は自然が相手で刻々と状況が変わり、予定通りにいかない事も多いですが、ツアーが無事終了してお客様から感謝された時の達成感は何にも代えがたいものがあります。

□ 私のモットー

「忍耐力、責任感こそ、仕事の活力」

どんなに仕事が多くても、難しい仕事でも、期限内にやり抜き、成果を出し、責任を果たしてきたと思います。何でも最後までやり遂げる自信がある性格です。学生時代に3年間新聞配達をし、天気に関係なく、新聞を配りました。そのような経験が今の忍耐力、責任感につながっていると感じます。

 

□ 好きな本

三浦綾子さんの「塩狩峠」、「氷点」

この本を読んで、生きることの意味を考えさせられました。「自分を犠牲にして、全くの他人を救う」勇気、「本当の愛とは何か」等、真実に生きることの大切さを知り、人生の教訓にもなった本でした。

 

□ 仕事の特徴

・人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事

・リーダーシップを発揮できる仕事

・お客様の喜びを直に感じられる仕事

・人との出会いが多い仕事

 

□ 私は○○です。

・入社4~6年目

・共働きです

・マイカー通勤

 坂上 映太 の1日のスケジュール

主に登山ツアーの企画、お客様に配るお弁当の仕入れの電話をしながら、お客様からの電話や来店の応対もします。添乗前には登山先の天気を調べたり、登山用の地図を作ったりします。登山のツアーは自然が相手なのでお客様が安心してツアーに臨めるように慎重に準備をしています。

 8:30 

 出 社

出社後は一日のスケジュールやメールをチェックします。


 AM

 登山ルート検

 ガイドとの打合せ

 登山ツアーの企画の検証や、 ツアー当日に

お客様に配るお弁当の仕入れ、現地ガイドと打合せをします。


 13:00

 ランチ

近くのお弁当屋さんのスタミナ弁当を食べて

午後も元気に頑張ります!


 PM

 参加する

 お客様の案内

登山ツアーに参加されるお客様1人1人にお電話をして、

乗車地の確認・注意点などをお伝えし、旅行の内容を確認します。


 17:30

 退 社

明日のツアーの準備不足がない事を確認して退社。


自分とお客様で「楽しい!」を共有できる

魅力ある仕事

小野 徹 2015年入社 胎内市出身

帝京平成大学 情報学部卒

営業・添乗・乗務業務 担当

まず最初は大型車両を運転したいという思いからでした。そこから、同じ長距離の運転でも、トラックのドライバーは話し相手も居なくて寂しいなと思い、もともと旅行好きという事もあって「お客様とコミュニケーションが取れる」バスの乗務員を希望しました。バスの運転は未経験でしたが、業務の間に大型免許を取得させていただき、バスの整備については整備士指導のもと経験を積んでいる所です。ハミングは乗務員に加えて添乗員としても活躍できます。バス部門という括りに捉われず、旅行に関するすべてに関わる事ができるのが魅力です。

 小野 徹の1週間のスケジュール

旅行・バス会社は忙しく、休みの少ないイメージがありましたが、ハミングは休日が必ず週2 日あります。

時には添乗員と乗務員の両方を行うツアーもありますが、毎日に変化があり、お客様から感謝されることも多く、とてもやりがいがあります。

 月曜日

 休 日

気分転換に温泉へ。


 火曜日

 内 勤

乗務を中心。スクールバスの送迎をします。


 水曜日

  勤

営業・手配旅行(団体のお客様)の企画を考えます。


 木曜日

  

洗車やエンジンルームの点検を主にバスの整備を行います。


 金曜日

  勤

添乗前の下調べをします。

現地の様子をストリートビューで確認など。


 土曜日

 ツアー添乗・乗務

日帰りのツアーは添乗・乗務両方兼任する事も。

どちらも気を引き締めて行います。


 日曜日

 休日

子供と近くの公園へ出かけます。


私たちにしかできない旅行を

本多 宏之 2002年入社 阿賀野市出身

旅行事業部 統括マネージャー

ハミングツアーは、新潟発の旅行商品を地元のお客様に提供している会社です。

地方でも首都圏の会社に負けない、他にはない魅力ある商品を若い社員が企画

して多くのお客様に参加いただいています。

旅行会社ですが、観光ツアーはもちろん、登山ツアー、社内にバス部門やデザインスタッフも抱え、いろいろな事にチャレンジしている会社です。

□ 入社を決めた理由を教えてください。

今までの経験を活かして地元で仕事をする。

卒業してから都内の大手旅行会社で約6年間、海外旅行に関わる仕事に携わりました。一年間の海外でのワーキングホリーデー経て、家族や友人のいる地元新潟で、今までの経験を活かした仕事をしたくて就職活動を始めました。その中で、大きくはない会社でしたが、独自性のある企画や社風に自分の力を活かせると考えハミングツアーに就職をしました。

 

□ 仕事のやりがいは・・・

自分の努力が結果に繋がる

若い社員もいろいろなことにチャレンジできる環境があり、やる気次第で多くの仕事を任せてもらえます。当然責任もあり、仕事は忙しいですが、自分の企画した商品に多くのお客様からお申し込みをいただいたり、添乗員として同行したツアーでお客様に喜んでいだいたり、短期間で仕事の成果や喜びを体験できることが、この仕事の魅力の1つです。

 

□ 仕事の特徴

・人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
・自分のアイデア・企画が生かせる仕事
・常に新しいことにチャレンジできる仕事
・お客様の喜びを直に感じられる仕事
・人との出会いが多い仕事

 

□ 私は○○です。

・管理職
・10年選手(入社10年目以上の方)
・地元で就職しました
・子供がいます
・共働きです
・マイカー通勤

育休を経て、『在宅と出社』の勤務体制で

子育てと仕事の両立を実現

大谷 教子 2008年入社 香川県出身

倉敷芸術科学大学 大学院芸術研究科卒

デザイン制作担当

旅行業に関しては全くの素人でしたが、旅行会社がデザイン制作部門を設置し、自社パンフレットを制作していくという試みに惹かれ入社を決めました。出産後は1 年半の育休を取得し、仕事復帰。「子供との時間も大切にしながら仕事を続けていきたい」という希望で『週1 回は在宅勤務、週2 回は出社』という勤務体制で仕事を続けています。子育てながら仕事も出来る環境に満足しています。

 

 

□ 入社を決めた理由を教えてください。

旅行会社がデザイン制作部門を設置し、自社パンフレットを制作していくという珍しい試みに惹かれて

 

前職はデザイン会社に勤めていたので、旅行業に関しては全くの素人でしたが、社内で旅行のパンフレットを制作するという仕事内容に惹かれて入社を決めました。
パンフレットなどの印刷物は、広告代理店に依頼し制作するのが一般的な企業のあり方だと思います。デザインができる人材を雇い、自社のパンフレットを自社で制作するということは、旅行の内容や商品を把握しながら制作ができるということですので、打ち合わせに関わる時間の短縮が可能です。入社1年目は、旅行会社の電話対応や商品の内容、接客業など全てにおいて覚えることだらけなのでとても大変でしたが、年間を通して『パンフレットなどの制作業務』と『電話対応などの接客業務』の両方を経験することで、旅行商品の全体的な動向を知ることができました。翌年以降はパターンの把握ができていたので、いろいろな面で打ち合わせに関わる時間を短縮でき、旅行の企画を担当しているスタッフとのやり取りもとてもスムーズに行えて、お互いに効率よく仕事を進められるようになりました。
自社の商品を、企画者の想いも含めて魅力的な紙面にレイアウトしていくという作業に、とてもやりがいを感じています。

□ 当社のいいところ

スタッフや上司の人柄がとても良いこと

 

出勤している営業所は女性4人ですが、忙しい時に支えてもらったり、冗談も言い合える環境で、安心して勤務を行うことができます。
女性ばかりだからと言ってギスギスしてしまうということもなく、社内はいつも穏やかな雰囲気です。もちろん忙しい時は怒ったり怒られたりと言うこともありますが、基本的には皆さんとても人柄が良いので、「人間関係に疲れて会社に行きたくない」ということは、これまでに一度もありません。

□ 仕事の特徴

・技術を身につけて活躍できる仕事
・文章力を磨ける仕事
・モノつくりをする仕事

 

□ 私は○○です。

・入社7~9年目
・育児休暇取得経験があります
・子供がいます
・共働きです

 大谷教子の1週間のスケジュール

出勤日数や業務時間は短いですが、ネット回線でデータのやり取りをすれば

自宅で作業できることが最大のメリット!休日は子育て優先で過ごします。

 月曜日

 内 勤

自社イベントのコンサートパンフレットの制作を行いながらお客様のツアー電話受付


 火曜日

 内 勤

パンフレットのレイアウトを在宅勤務で進められるよう打ち合わせ、

デザインに必要な画像請求など


 水曜日

 休 日

子供の予防接種を受けに病院へ

午後はお昼寝をさせて夕食作り


 木曜日

 休 日

子供を児童センターに連れて行き、

親子遊びのあとスーパーで夕食やおやつなどの買い物


 金曜日

 在 宅

事前に打ち合わせしていた内容を元にデザイン制作

在宅なので集中して進められます☆


 土曜日

 休 日

来年度の子供の進路を考えて、保育園見学へ

仲良しのママ友と会って情報交換


 日曜日

 休 日

子供をパパに見てもらい、自宅の掃除。

翌日は仕事で帰りが遅いので月曜日分も含めた夕食作りに専念


マルチに様々な仕事に携わることで

自分の可能性が広がります

小出  蕗子 2015年入社 長岡市出身

長岡造形大学 産業デザイン学部卒

デザイン制作・添乗 担当

パンフレットのデザインやホームページの更新をしながら旅行の受付、添乗まで幅広い仕事をしています。もちろん最初はわからない事ばかりですが、先輩達からアドバイスをもらい序々にスキルアップすることが可能です。様々なセクションの仕事

をすることで広い視野で仕事に取り組む力が育まれますし、お客様からの生の声をデザインや添乗など次の仕事に生かすことができるのも魅力の一つです。

 小出 蕗子の1週間のスケジュール

制作や添乗準備、電話対応など色々な業務があるので一日があっという間です。

普段からインターネットや雑誌などで旅行やデザインの情報収集をしています。

 8:30

 出 社

簡単なミーティングで今日の予定を確認し、

仕事が集中している人がいたら分担します。


 10:00

 電話対応

お申し込みの電話はもちろん、質問やお問い合わせにも

ミスの無いよう一件一件丁寧に。


 13:00

 お楽しみの“ランチ”

お弁当を食べていたら、他の社員から

添乗のお土産のお菓子を貰いテンション↑


 14:00

 企画担当と

 デザイン打合せ

ツアーのポイントや魅力を引き出すよう、

デザインや写真の使い方について打ち合わせ。


 16:00

 添乗の準備

過去の報告書を見たり去年添乗した社員に

話を聞いて当日の流れをシミュレーション。


 17:30

 退 社

退社後はホットヨガスタジオでリフレッシュ♪


>>旅行事業部 観光部門登山部門バス部門 

>> 先輩社員の声

>> 企業情報

>>お問い合せ

お問い合わせ

※接続料はお客さまの負担となります。

●新潟営業所

電話/025・255・6110 

営業時間/月〜金曜8: 30〜17: 30、土曜8: 30〜15: 00

定休日/日曜・祝日

 

●下越営業所

電話/0254・44・1360 

営業時間/8: 30〜17: 30

定休日/水曜日